猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2017年11月10日 (金) | 編集 |
コウノドリ4話も見ごたえありました。

今回は帝王切開にも関するお話。
ドラマ内でよく言っている「カイザー」というのは帝王切開のこと。
母体もしくは胎児に何かしら危険な状態、
産道を通して産む経膣分娩(あえてこう呼びます)
が困難である場合に行われる出産方法です。
かといって帝王切開はラクじゃないです。
麻酔はしますがお腹切るわけですから、術後の処置や後陣痛、傷の痛みもあります。
本当にラクじゃないんです。これが前提のお話です。

今回はトーラック(帝王切開後の経膣分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)が中心人物。
長女の育児に疲労している模様。
何歳かはわからないけども、まだまだママに甘えたいしわがままを言う年頃です。
二人目妊娠中の蓮はイライラが募ります。
「長女の育児がうまくいかない、愛情不足なのは帝王切開だったからでは」
思い詰めてしまいます。
そして妊娠出産、育児に興味なしの旦那。忙しい朝でも全く何もしません。
たぶん育児や家事にも積極的に参加していない様子。

issun-1.png

(※ちなみに役者さんはauの一寸法師の方です)

予告だけではなぜトーラックにこだわるのかがわかりませんでしたが
この蓮の日常を見ているとピンときました。
蓮はずっとワンオペ育児状態なのだと思います。

出産方法について旦那と相談しようとしても興味ない旦那。
挙句の果てに「好きにしていいよ」とのたまう。
命に関わるんだぞ、出産は。
陣痛始まったら上の子はどうするとか
家事はどうするかとかもあるのに全く興味のない旦那。
ああーイライラする!

今まで煮詰まってきた不満や不安が「帝王切開だったから愛情不足」という
考えに傾倒していってしまったのではと思います。
なので「自然に産むのが出産!」とかそういう考えだけではないのです。
ドラマでは描かれてないけども帝王切開について嫌な事を言われたり等
こまごまとしたことがあったのかもしれません。

…なんだかんだあって協力体制を整えてトーラックに臨むことができる事になった蓮。
四宮先生(星野源)のリスク回避の事や人手不足について言及したり、
サクラ(綾野剛)の言う、なるべく妊婦さんの希望に寄り添いたいという気持ちも
どちらも正論。ただ共通するのは「母子ともに無事である事」

1stシーズンの四宮先生だったら「さっさ切っちゃえよ」とか言いそうな感じでしたが
今シーズンではかなり歩み寄っています。
研修医にもさりげなく妊婦自身による出産方法の選択と尊重する事について
諭すあたり、一皮剥けたんだなと思います。


NICUでは急変したベビーの両親(パーマ大佐と木下優樹菜)が旅行に行っていたという事で
良い気持ちがせず、もやもやする白川先生(坂口健次郎)
やってきた両親に一言ズバッと言います。
でもただ責めるわけではなく、家族としての繋がりをもっと大事にして欲しいという
白川先生の気持ちが痛いほど伝わりました。

(木下優樹菜さんはいわゆるVBAC(Vバック)を経験しています。
なのでこの回にゲスト出演したのだと思います)

トーラック…帝王切開後、次の子を自然分娩で産みたいという人のこと
ブイバック…帝王切開後、次の子を自然分娩で産んだ人のこと

※つまりトーラックは挑戦(希望)の段階で、ブイバックは成功した場合のことを言います。

NICUが出てくるといつも思い出すのですが、娘も一週間ほど入院していました。
そりゃもう心配で毎日旦那と会いに行って、絞った母乳を持っていって
ずっと一緒にいました。
自宅ではいつ連絡が来てもいいように携帯もずっと持ってた。
なのでこの夫婦が旅行に行ってるというのも、ちょっとなあと思いつつ。
かといってずっと付き添うのもとても大変だとも思います。

ちなみに私の娘の退院前日には先生から
「今日は夫婦で二人きりの最後の日です。
どこか食べに行ったりしてリフレッシュしてくださいね。
しばらくは出かけられませんから」と。
なので近所のラーメン屋さんへ夫婦で食べに行って
「いつか家族三人で食べに来ようね」と話したのを覚えています。

…息抜きももちろん大事です。そして子供の事も考えているかどうか
それがもっとも重要だなと思いました。

さて蓮の旦那は飲み会があるからご飯いらないとか言いつつ
相変わらず何もしません。
そして蓮が産気づいてしまいます。
あわてて長女も連れて急いで病院に向かう夫婦。
出迎える小松さん(吉田羊)

そこで蓮の旦那はあろうことかこんな事言っちゃいます↓
------------------------------------------------------------------
旦那「お産いつ頃おわりますかね?」
吉田羊「は?」
旦那「あ。もし出産終わる時間わかってるならこれから屋形船…」
吉田羊「屋形船?」
吉田羊「屋形船?」
-------------------------------------------------------------------
kounodori4a.jpg
※似てなくてすいません。もっと吉田羊さんはお綺麗です。
二度言うとこがよかったです。呆れきった顔での二度見もよかった(笑)
というか屋形船乗っててもし、奥さんに何かあったらどうするのか、長女の世話もどうするの?
お椀で川岸まで戻ってくるつもりなのかっ!?

「よく言った小松さん、いいぞもっとやれ!」
と思ったのは私だけではないはずです。
もう…屋形船旦那、あなたには
「第二のインティライミ」という名をあげますorz


陣痛に苦しむ蓮の隣に居るものの、何をしたらいいかわからずオロオロする屋形船旦那。
小松さんに言われてやっと汗を拭く。
でも汗ばかり拭くなと蓮に怒られる屋形船旦那。
長女が「トイレ」と言ってもオロオロするばかり。

そして時間が経っても陣痛は激しいまま、なかなか子宮口が開かず苦しむ蓮。
サクラが帝王切開を提案するも
「絶対に下から産むの、産んでいい母親になるの!」と言い張る蓮。
そしてついに長女は泣き出してしまいます。
「ママは頑張ってるよ!」と。
旦那も「もうよく頑張ったよ」と。
それを聞いてやっと蓮は帝王切開を承諾します。
屋形船旦那は泣いてました。
出産に初めて立ち会ったことでやっと自覚できたのかもしれません。
こんなに出産は大変なのだと身をもって知る事ができたのでしょうね。

帝王切開のときにもサクラは蓮に
「どう産むかではなく、どう思って産んだかですよ」と優しく諭します。
無事に生まれた赤ちゃん、満足そうに微笑む蓮。
最後まで妊婦の心に寄り添うペルソナチームに拍手です。

一方では研修医のジュニア君に前立ち(赤ちゃんを取り出す役目)をさせたサクラ。
これを経験した事でジュニア君は産科医に対して今までと違う感情を持ちます。
大きな声で嬉しそうに「おめでとうございます!」と繰り返すジュニア君。

そしてサクラはジュニア君に「昔、同じようにジュニアって言われてたやつがいて
実家が産婦人科だけど産科医にはならないって言ってたんだよね」と。
それは…
kounodori4b.jpg
しのりんでしたね。やっぱりそうでしたか(笑)
なってるじゃん、産科医に。

そして君ら仲良しかっ(笑)
「ふっ…」と笑う四宮先生よかったです。
だから今までのあれは四宮先生なりのジャニア君への愛の鞭だったわけですね。
その事情をわかりつつ見てたサクラも微笑ましかったに違いない。

そして例の美人な方は四宮先生とサクラの元後輩だったのね。
そこでも産科医として女性として母親としての悩みを垣間見ることできました。
新生児科の今橋先生も人手不足解消に奔走してるけど、上の娘さんの表情がただただ切なかったです。

今回の話もいろいろ考えさせられるお話でした。
思うのは「きちんと誰かに認められたい」という切なる願いでしょうか。
産後うつの話でもそうでしたが
育児って誰かに褒められる事が少ないし、かといって確実な基準がないし
不安なことがすごく多いです。
そういう時に「いつも頑張っているね。ありがとう」って言ってくれる人がいたら
心の持ちようはかなり違います。家族お互いがこういう気持ちを持てたら良いと思います。
※もちろん言うだけじゃなくてきちんとお互いが育児をするのは前提ですよ~。

最後の一言…「お前を屋形船にしてやろうかっ!!!!」
(↑ツイッター上で一番ときめいた一言です)



[READ MORE...]
スポンサーサイト
2017年11月03日 (金) | 編集 |
娘が生まれた二年前に放送されたコウノドリ。
生まれて間もない娘をあやしつつ観ていた事を思い出します。
そして二年ぶりに放送と言う事で毎週かかさず観ています。
産んだからゴールではない、スタートラインに立ったところで
現実が延々と続いていくのが丁寧に描かれています。

3話は「産後うつ」と「無痛分娩」について。
二つのテーマがどう絡んでいくのかなと思っていましたが
うまいこと相互作用で繋がっていてとても見ごたえがありました。

妊娠出産に対する迷信って数限りなくあって
それに翻弄されて悩むのは結構あります。
子供が心配だからこそ母親が悩むのは自然な事です。
その中で「無痛分娩」への偏見には呆れてしまいました。
ドラマでは妊婦の心臓に持病があるので負担を減らすための処置でしたが
それでもやんや言われてしまうのか…
周囲から好き放題言われるのは私も経験はありますが
妊娠出産は人それぞれなので、聞き流すのが一番です、本当に。

無痛分娩はまだ浸透してないからか偏見が強いと感じてます。
もちろんメリットやデメリット、危険性もあることを知っていくべきですが。
それでも何かと言ってくる人達は
「自分は痛い思いして産んだなのにずるい」っていう嫉妬心も
多少あるのかもしれないし、それを遠まわしにマウンティングしてぶつけてくるのかな。
じゃあ歯を抜く時は麻酔使わないの?と思ってしまいます。

そして一方、じわじわと追い詰められる母親もいます。
佐野さん(高橋メアリージュン)はいろんなプレッシャーに追い詰められます。
娘の心臓の欠陥、保育園が決まらない、仕事に戻れない、
実母には仕事に戻る事を否定される。役に立たない口だけの旦那。

精神的負担のオンパレードで凝縮したようなイライラさが凄かったです。
ごく自然に悪気なく言ってしまうところが本当にもう何か…辛い。
中には正論を言ってる事もあるんですよ。「母親はあなたしかいない」とか。
でもね、だからこそ辛いんです。
正論は気をつけて使わんとお互い怪我しますよ。

…もともとの本人の気質や性格もあると思いますが
産後うつは誰にでもなりうるので他人事ではなかったです。
というか私自身も産後直後マタニティブルーになっていて、
もしかしたら産後うつになっていたかもしれません。
それだけ産後の負担って大きいし、かなり情緒不安定になります。
女性ホルモンのジェットコースターには簡単には抗えません。

とにかくこの回を観て思ったのは
「四宮グッジョブ!いいぞ、もっとやれ!」

二年前の放送時は冷たい先生だなあと思っていましたが
本当は心根の優しい先生なのです。
優しいだけが本当に優しいというわけではない。
でも思えば一般的な産婦人科医って四宮の雰囲気に近い感じがします。(良い意味で)

今回も四宮先生(星野源)が大活躍でした。
冷静沈着に理想に対しては理論的にきちんと考え意見を出す。
でもいざとなったら、患者に寄り添い助ける。
素敵な先生だなと思いました。

sinomiya1a.jpg
↑この時の「あなたを引き止めているのは俺のわがままです」と言うところがよかったです。
一瞬四宮先生の素が見れたような気がして。冷静だけど奥にある熱い気持ちや優しさが見える
不思議な表情でした。
「治ります」という一言も良かった。泣いた。
自分が病気だと自覚して、病名がわかってホッとできる…そういうこともあるのです。

四宮先生は二年前のコウノドリより
言動や態度、表情が少し柔和になったなあという印象です。

sinomiya3a.jpg
↑産後うつに陥った佐野さんに手を差し伸べる四宮。シーンとしても綺麗。
四宮先生の人間味あふれるシーンでした。さっと佐野さんの手を掴むのもいい。
描いていてこの佇まいが個人的に凄く好きです。
背中と横顔のラインとか、手も良いと思う。

さて佐野さんの自殺を止める事ができた後
佐野さんの旦那がやってくるのですが
「なんで言ってくれないの、夫婦は二人で一つだろ」
とお花畑みたいな事言う旦那(ナオトインティライミ)に
sinomiya2a.jpg
「はあ?何だそれっ?」と吐き捨てる四宮先生に拍手喝采でした。
シーンでは後頭部だけでしたがきっとこういう表情だったと思う。
(四宮先生が怒る時のイメージって青い炎が見えるような気がします)
この一言に全国のお母さんたちの言いたいことが凝縮されてたと思います。
そしてナオトインティライミの
ナチュラルにイラつく自称イクメン旦那の演技も素晴らしかったです。

四宮先生が懇々と旦那を諭すわけですが
「人間は二人で一つになんかなれない。
死ぬまで一人だよ。
たとえ夫婦でも別々の人間だからこそお互いを尊重しあう。
それで初めて助け合えるんだろが。」


いやあ~良いこと言うよ。
私もそう思います。「夫婦は二人でひとつ」「一蓮托生」みたいな言い方が多くて(年配の方とか)
ちょっと違和感あったので四宮先生の言葉にすごく納得しました。
妊娠出産に限らず、夫婦や家族がより良く生きていくために
どうしたらいいのかを考えさせられる言葉だったと思います。

これからのコウノドリもとても楽しみです。

~最後の一言~
今回のコウノドリはサクラよりも四宮先生が主人公のような気がする。



2017年10月10日 (火) | 編集 |
高円寺猫の額さんに絵を納品いたしました。
久しぶりの水彩画です。

タイトル「ホットケーキ」
terada1.jpg

terada2.jpg

サイズ
外枠115ミリ×115ミリ
内枠100ミリ×100ミリ
木製額で壁掛や置くことも可能です。
※額にはガラスが使われています。
※自宅印刷ですがポストカードもございます。

今回は少しタッチを変えて描いてみました。
今までミリペンで線画→着彩でしたが
オール水彩で毛並みも細かく描いてあります。

IMG_20171005_005849~01

子猫もホットケーキも思ったように描けましたので個人的に満足しています。

今回、娘をモデルにして描きました。
娘は食べる事が大好きで、特に好きなものが出ると
真顔で超真剣に食べるんです。
子供ってニコニコ食べるんだと思い込んでましたが…
「いざ勝負!」
…なくらいの真剣な顔がもう可愛くてしかたなくて絵にしました。

今後はこういう感じの絵も描けていけたらいいなと思っています。
よろしくお願いいたします。
2017年10月10日 (火) | 編集 |
10/8は高円寺猫の額さんで開催されている
須藤真澄さんの個展に行ってまいりました。
そして久しぶりに娘と旦那とで三人でお出かけです。
須藤真澄さんのブログ

ご本人もいらっしゃったのでお会いできてとても嬉しかったです。
個展で購入した作品↓

22310651_1451704078232603_794010656516065141_n.jpg
個展のDM、名刺、サイン入りのカード。どれもかわいいです。

22281913_1451704181565926_3620086147921005482_n.jpg
マスキングテープです。ゆずくんのイラストが入っています。

22310308_1451704104899267_5646363022925828391_n.jpg
髪のピン止めです。ガラスのカボションの中にはあかずきんなゆずくんが。
金古美の金具がいい感じ。娘のお気に入りです。

22279861_1451704144899263_5603288122501652504_n.jpg
ラベルもかわいい!台紙もこだわってます。

22308751_1451782238224787_7994568828711658307_n.jpg

22405871_1451782144891463_7856444423017340859_n.jpg
娘に付けてみた。まだピンに慣れてないですが、ピン自体を見るのは大好きで
ずっと「かあいい♪」と言ってました。そう言ってるあんたも「かあいい」よおー♪

娘は初めはぐずってましたが
須藤さんの作品を見ては「かあいい、かあいい」と連発していて
髪留めのピンをすごく気に入ったようなので娘にプレゼント。
もう少し大きくなったら普通に付けられそうです。

あとは一年以上ぶりにお店の方やお友達に会えて楽しかったです。
お友達のお店に行ってみたり、デニーズでパフェ食べたりしてました。
娘は一心不乱にチョコパフェをもりもり食べてご満悦。

またいろんなところに出かけてみたいものです。

2017年09月12日 (火) | 編集 |
ずいぶん涼しくなってきましたね。
先月地元に帰省した時は最高気温36度くらいはありましたので
あまりのギャップにびっくりです。

スーパーではスイカが置かれてるところはブドウや梨に変わりました。
今年の夏も狂ったようにスイカばっかり食べていましたので
ちょっぴり寂しいです。

いや、まだシャインマスカットがあります(笑)
ギリギリ桃もありますよっ。

さてさて…
「すくパラぷらす」に私の漫画が掲載中です
(※「すくパラぷらす」では猫田カヨで投稿しています)
今回のマンガは私の妊娠から出産までのお話の続きです。
今のところ1ページずつの投稿となっていますが今後も投稿予定です。

ninpu26.jpg

↑今回のお話のサンプル クリックすると大きくなります。


猫田カヨのページ

※掲載されるとリンクが繋がります※
9月9日
9月13日
9月17日
9月21日
9月25日
9月29日
10月2日
10月6日
10月10日
10月14日
10月18日
10月22日
10月26日
10月30日
11月3日
11月7日
11月11日
11月15日

掲載予定です。

※ピクシブへのリンクもあります。
テラ(猫田カヨ)のピクシブページ ←クリック
今までの過去作や続きも読めますのでぜひご覧になってみてください。
それではよろしくお願いいたします。