猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2017年09月01日 (金) | 編集 |
母方の祖母が亡くなりました、89歳でした。

8月の初めに体調を崩してから一ヶ月ほど入院していて
転院する直前の事でした。
以前から体調が悪いこと、もしかしたらもう危ないかもしれないと
聞いていましたので覚悟はしていました。

8/24の朝に新幹線に乗り、お通夜。
8/25には告別式でしたのでかなりバタバタしていました。
告別式終わってちょっとだけ一息ついて、そのまま戻ってきました。

…少し祖母の話をさせてください。※長文です※
祖母は昭和三年生まれ。
戦時中は学生だったので軍事工場が多かった浜松では
工場で仕事をしていたと聞いています。
自転車を毎日こいで工場に通い、もんぺをはいて働いてたので
お洒落をする間もなかったとよく言っていました。

藁の混ざった固いパンの話や
戦闘機が地面近くまできて操縦席に乗った兵士の青い眼と
目が合って怖かったという話など
戦時中の話はよく聞いていました。
いろいろな苦労はしてきたと思います。

21150329_1415889411814070_4694805735562405540_n.jpg

21106414_1415889448480733_3728235850788685764_n.jpg
↑祖母の庭にある夏みかんの木。終戦後、ひい祖母が買ってきた夏みかんをみんなで食べて
その種を庭に捨てたらそのまま根づいた。今もたくさん実をつけている。

戦時中お洒落ができなかったぶん
結婚して娘(私の母)が生まれ、洋服関係の学校に進んだときは
上等な布を買ってあげては服作りに協力していたんだそうです。

孫である兄や私が生まれてからはとてもかわいがってくれて、
母が仕事に出始めた時はひい祖母と一緒に面倒を見てくれました。

頑固だけど優しい人でした。

あとは健康法に凝るほうでしたのでヨーグルトを作ったり
ケールを庭で育ててそれで作った
ケールとバナナを合わせた謎の青汁ジュースなど
いろんなものを食べさせてくれた覚えがあります。
(謎の青汁は結構美味しかったです)
そのせいか私も健康法試したりとか保存食作りは大好きです。
祖母の近所にアイスの移動販売が来ると「孫がいるので買ってやりたい」と
毎週買ってくれていたり。
14540611_179242985860862_3319642281060859904_n.jpg
↑知る人ぞ知る「トゥインクルジャック」アイスの移動販売車

帰省すると「ヤクルト飲むけ?」「アリナミンのみな!」と渡してくれて
帰るときには仏壇に供えていたお菓子や果物をこれでもかと持たせてくれて
私の姿が見えなくなるまで見送ってくれていました。

数年前だったか、祖母の家で話し込んだら日が暮れてしまった時があり
「心配だからそこの角まで送る」と言い、結局私の家の前まで送り届けてくれて
にこにこしながら帰っていったこともあります。

私の娘とは去年の夏に会わせることができていました。
当時元気だったものの少しだけぼけていましたが
私と娘のことはわかっていたのでかなり喜んでくれていました。

…お顔も見て、お骨も拾いましたが
まだ居る様な気がします。
ちゃんとお別れができてよかったです。

お花がいっぱいで綺麗で良い式だったと思います。
遺影は私の結婚式の時に撮った写真を使ったそうです。

告別式直前に故人への手紙が書けるコーナーで
こっそり手紙を書いていました。
祖母は私の絵が好きだったので祖母の似顔絵と一言だけを添えて。
そうしたら涙がぽろぽろと出てきてずっと止まりませんでした。
後で何を書いたのかと聞かれましたが詳細は言わないままです。
姪も手紙を書いて入れていて「秘密」とだけ言っていました。
その気持ちがよくわかります。

…いくつになっても、いつも居てくれる人が居なくなるのは
とっても寂しいし悲しいですね。
どうか安らかに。ばあば、ありがとね。

蝉の抜け殻。祖母の庭のアロエにくっついてた。
21032437_1415889328480745_7531739540552320041_n.jpg

蝉の抜け殻いっぱい。その多さにちょっとびっくり。
21077252_1415889375147407_255818679331679048_n.jpg


[READ MORE...]
スポンサーサイト
2017年07月10日 (月) | 編集 |
6月から肩の調子が悪かったのですが
なんとか治りほっとしていました…が
7月に入って妙にぐったりしてしまいました。
そして7/5に猛烈な腹痛に襲われて
七転八倒しておりました。

今は落ち着いています。

もともと生理痛がひどいのと疲れがたまっていたからだと
思っていましたが、陣痛に匹敵するあの腹痛には参りました。

「ぎゃああああああ!いたいー!!!」
って絶叫するくらい痛い。
二年前に娘を産んだ時のことを思い出しつつ
床に横たわっていました。
幸い旦那が仕事前だったので娘の世話と看病をしてくれて
落ち着きました。
娘も心配そうに倒れこんだ私の顔を覗き込んでは
ポンポンと背中を触って行ったりきたり。

…あの激痛はなんだったのかなと調べてみましたら
腸痙攣という症状を見つけました。
体験談を見ると私とほとんど同じ。

便秘→なかなか出ないか少し出る→
腸がひっぱられるような激痛で吐く→
でもお通じが無い→腸がねじれるような猛烈な痛みで冷や汗脂汗どばー!
→動けない、横たわるとかしてないと無理→眩暈や貧血っぽくなる
→しばらくすると激しく腸が動いて下痢になって全部出るとやっとおさまる

これが2、3時間ほど続いてかなり辛いのです。
出口付近で渋滞を起こしているのに後からくるあたりが激しく動いている感じ。

私の場合は三年前にも同じような腹痛になりました。
この時も生理中で暑くなりはじめる6月~7月頃でした。

なのでロキソニンとブスコパン(胃腸の痙攣痛をとる薬)を常備しています。
買っておいてよかったよ、ブスコパン。

別件で産婦人科に通っているので上記のことを話しましたが
先生も首をかしげるばかりで謎のまま。
近いうち内科にも行った方がいいのかもしれません。
ここ三日ほどぐったりで食欲がなくていきなり二キロ痩せてました。
いきなり暑くなったから夏バテなのか…

もう20年以上前に過敏性腸症候群と言われたことがあるので
その可能性もあるのかも。
どっちにしても疲れているようなので
休める時にちょいちょい休むしかありません。



2017年06月16日 (金) | 編集 |
あれから何かとヨーグルトメーカーを使いこなし
甘酒も作ってみてました。

ヨーグルト出来上がり時と保存時の牛乳パック問題ですが
先日キャンドゥで買ったこれで落ち着きました。
yo-guru13.jpg
↑お砂糖入れ(調味料入れ

yo-guru14.jpg
↑本当に牛乳パックにぴったりで感動。
出来立てのものにはクリップなどで留めてカバー代わりに

yo-guru15.jpg
↑量が少なくなってきたら牛乳パックを切って
キュッと奥までかぶせればきっちり閉まっていい感じです。
初めはラップしてから被せてましたが
意外とグリップが効いてしまうので容器のみに落ち着きました。

汚れたらさっと洗えるし中身も見えます。
手作りヨーグルトは早めに食べきるものですし
もともと市販のヨーグルトの容器の蓋もきっちり
閉まってるものでもないので個人的に許容範囲内です。
ちなみにパックを切るときはアルコール消毒したキッチンばさみで切ってます。

しばらくはこんな感じでヨーグルト作りを楽しんでいこうかなと思います。



2017年06月12日 (月) | 編集 |
昨日仕込んでおいたヨーグルトができあがりました。
ぷるんと綺麗に!わーい!
yo-guru11.jpg

早速娘と一緒に味見。
yo-guru12.jpg

おいしかったです。1LのR-1ヨーグルト…お得感いっぱいです。
これを種菌として使うのは一回くらいにしておいたほうがいいかと。
最高1週間継ぎ足したことがありましたが
とくに問題はありませんでした。(容器の消毒など、気をつけて作ってました)

でも他の細菌の混入の恐れや
乳酸菌自体が弱くなってうまく作れなくなるそうです。
これから暑くなる時期ですので新しいヨーグルトで作ったほうがいいと思います。
このへんは自己責任でもありますが
あくまで自宅で作る発酵食品ですので
※やばい臭いや味がしたら潔く捨てましょう!※

あと付属のクリップですが、ホールド感がゆるいので
冷蔵庫ではどうしてもはずれてしまいました。
yo-guru4.jpg

なので

yo-guru13.jpg
キャンドゥにて購入のこれで一時的に解決。
お砂糖入れです。ちょっと小さめサイズで正方形のがあったので
蓋をもぎ取って
yo-guru14.jpg
おおーぴったりです。
深めにかぶせるだけなのでその場しのぎですが。
パックを切ったらラップしてその上からかぶせる感じになります。

モッタイナイス 牛乳パックシリコーン蓋

41zaG5zrdfL.jpg
↑本当はこれがほしい。
やっぱり牛乳パックからヨーグルトすくうときに大変なので
できあがったら別容器に移すか、
はじめから別容器で作っちゃうほうがいいのかなと思っていて。

減ってきたらパックを切ってこの蓋をかぶせるほうがいいのかな。
とりあえずいろいろ試してみたいです。

2017年06月10日 (土) | 編集 |
以前あったかいdeシュという保温スプレーの保温器で
ヨーグルトを作ったことがあるのですが
index.jpg
↑丸っこい下の部分。実際はスプレーの水を温めて
オムツがえのときに使うもの。赤ちゃんのお尻に優しい。
※未使用です。

yo-guru0.jpg

yo-guru00.jpg

それでもうまいことできていましたが、
思い切って今回ヨーグルトメーカーを買ってみました。

アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカープレミアム IYM-012」
yogurt_2.jpg
付属品は長いスプーンと水切りかご、専用容器、牛乳パック用クリップ

「娘よ、これでヨーグルト食べ放題だぞー!」

さてさて
まずは電子レンジで牛乳パックごとチン。
1リットルのパックを寝かせ1分。ひっくり返して1分でちょうどいいぬるさに。
※長時間チンしないでください。
不安でしたら別容器に入れてチンしましょう。

40度に設定したヨーグルトメーカーに30分ほど入れておきます。
仕込みの間に保温しておくだけでも充分ぬるくなります。
※牛乳が冷たいままセットすると温度が上がりにくく失敗の原因に。

yo-guru1.jpg
シンプルなデザインで使いやすそう。
yo-guru2.jpg
100mlほど牛乳を取り出します。※これはあとで飲んじゃった。
yo-guru3.jpg
今回の種はR-1ヨーグルトドリンクタイプ。混ぜやすいです。
熱湯をかけて消毒し、水分を切った容器に(ふきんなどで拭かないこと)
牛乳と砂糖30gを入れてよく混ぜてヨーグルトと一緒に投入。
注ぎ口を清潔なキッチンペーパーで覆い手でしっかりつかんで静かにまぜる。
※注ぎ口は直接素手で触らない※
yo-guru4.jpg
付属の牛乳パック用クリップ。これはかぶせるだけなので
ホールド感はあまりありません。
でも全開したパックにかぶせるのには充分です。
これもきっちり洗って消毒してかぶせます。
yo-guru5.jpg
かぶせてある状態。
yo-guru6.jpg
本体のふたをかぶせた状態。
yo-guru7.jpg
準備完了!と言いたいトコですが
うちのキッチンでは若干手狭。
このままでは晩御飯が作れないので移動場所を探す。
ここだと水をかぶってしまうし、
ここより下だと娘にひっくり返されて大惨事です。
yo-guru8.jpg
というわけで冷蔵庫の上へ避難。
落さないように、コードとか引っ張らないように注意。
yo-guru9.jpg
ちなみに初めは40度、時間は8時間と表示されます。
操作は簡単です。
※今回は12時間、43度で設定しました。
yo-guru10.jpg
赤ランプがついてる時は保温中です。

ずっと前に牛乳パック用でないヨーグルトメーカーを使ってましたが
牛乳パックで作れるというのはすごく便利だなと思いました。
ただ、出来あがったあとにヨーグルトをすくうのが大変そうではあります。

コツは特にないのですが、
とにかく素手で極力触らない。
まずは手をしっかり洗う。
使う道具もしっかり洗って熱湯をかけて消毒。
ヨーグルトに関しては牛乳パックの扱いに
ちょっぴり気を使う程度なのでお手軽だと思います。
今回は食品にかかっても大丈夫な消毒アルコールで
手をまめに消毒しながら作りました。

この機種は専用容器で甘酒や塩麹、
ローストビーフなど低温調理ができるので楽しみです。

あとは時間が来ても音などはならないので
スマホなどでアラームを設定しておいたほうがいいです。

ちなみに出来上がりは夜中三時ごろです(笑)