猫作家のつれづれ日記。 作品など中心に紹介。たまにお菓子、パン、燻製作り…私はいったい何屋さん(笑)?
2011年03月12日 (土) | 編集 |
地震がおきたりしたらどうしようと話をしていて
「ひどい場合は俺は家に帰れないかもしれない。
道路が封鎖されたらバイクでも帰れない。だから
なにかあったらとにかく生き延びなさい」
と言う事を旦那に言われた。

「とにかく帰らなくちゃ」という気持ちだけで
寒いとか感じませんでした。
風邪気味でつらかったですが、歩かないと帰れません。

50分くらいで半分まで来ました。
途中マンションの壁が剥がれていて本当にこわかった。
コンビニはほとんど開いてました。店の中が惨状になってない限り
開放してありました。
でも喫茶店などは閉まっていました。
途中の自転車屋では飛ぶように自転車が売れてました。

近所のコンビニまで来たので水とパンを二人分買って帰りました。
もしかしたら冷蔵庫が倒れてるかもしれないから。
パソコンもだめかもしれないと腹をくくってました。

家についてドアの前で深呼吸をしてゆっくりそっと空けました。
すると目の前に板が。
足元には旦那が大学時代に作った等身大の銅像がころがってました。
そのまま土足で上がり込んで、倒れて来てた板や雑誌、銅像を
どかしました。
台所に入るとフォークやスプーンが散乱。
割れ物類は奇跡的にまったくありませんでした。
流し台には調味料が落ちてて、電子レンジは半分落ちかかってました。
和室を見ると、旦那のパソコン本体は落ちていて
大量の漫画が重なってました。
もしここに居たら私は少なくともある程度の怪我をしていたかもしれません。
すぐそばにあったカメラで部屋を撮りました。

P1030272.jpg

P1030273.jpg

P1030274.jpg

そして壁とか柱とか確認しました。大丈夫そうだったので
今日の寝る場所を作るべく、片付けをはじめました。
その間に、旦那からの着信がありましたが気がつかず
折り返しましたがつながりませんでした。

なんとか足元を確保して実家に電話をしました。
「どうした」と父の声。
「地震あった、部屋がめちゃくちゃ」
「地震あったの?とにかく無事か?」のんきな父。
父の声を聞いてすこし安心した私は片付けを進めました。

なんとか片付けて落ち着こうと思いましたが
手がずっと震えてました。
旦那は大丈夫だろうか?
鉄の材料がいっぱいおいてある会社です。
本当に心配でした。
一人でいるのも怖かったので、近所の商店に飛び込みました。
おじさんとおばさんはいつもと変わらない笑顔で迎えてくれました。
近所の中高では帰れない子もいるようで、学校で泊まるという子も
いました。
店もいろんなものが落ちたようで、店に居た学生達が一緒に片付けて
くれたそうです。
ブタメンを4個とジュースを二本買って自宅に戻りました。
川越街道は帰宅する方々で溢れてました。
車は渋滞。
これじゃ旦那は帰って来れないかもしれないと思いました。

自宅で片付けをしてテレビにかじりついてるとガチャッと音がしました。
旦那が帰ってきました。
力が抜けました。本当にほっとしました。

「いやあ、もうだめかと思ったよ。
仕事してたらぐるんぐるん揺れ始めてさ。
とっさにヘルメットかぶって階段下に逃げたんだよ。
材料のガラスとかバリンバリン割れてさ。
一瞬お前はどうしてるだろうとか思って。もしどうせこのまま死ぬなら
お前と死にたかったとまで思ったよ。それくらい怖かった。
先輩も無事。お袋も無事。すぐに机の下にもぐったって。
部屋の中はすごいらしいけどね。兄貴は…きっと帰宅困難だな」
買っておいたパンを食べながら旦那は言いました。
しばらくすると旦那も力が抜けたらしく、そのまま寝てしまい、
私は貴重品をリュックに詰め込んでテレビを見ていました。
メールの問い合わせをすると7件ほど入ってました。

二人で片付けながら
「ああ、俺のパソコンだめかも。もうアニメ見れないかな」
とぼやいてました。
倒れてきてやばいものは下に平たく置いておきました。
余震はずっと続いてました。
汗だくでしたので頃合いを見て、お風呂に入りました。
何があるかわかんないから超早く頭と体を洗いました。
外にすぐ出られるように貴重品とヘルメットを用意して
外に出ても大丈夫な格好をしておきました。
夜中三時まで起きてました。
寝る事にしましたが、まったく眠れません。
一時間に3回は体に感じる余震があって、その度に飛び起きました。
携帯も速報が入ってけたたましく鳴るので寝れなかった…

朝方、母から電話がありました。
「大丈夫だよ」と話すと安心したようです。
旦那は仕事があるのでまた埼玉までバイクで向かいました。
私はまったく眠れないのでそのまま起きて、テレビを見ています。
途中、1時間ほど寝ていたようですが、幾分かすっきりしました。
簡単にお昼を済まして、自宅警備です。
ついさっき旦那のお兄さんから電話があって無事に家に着いたとのこと。
ほっとしました。

今回は池袋にいたのでかろうじて帰ってこれたと思います。
もし新宿だったら高円寺だったら帰れなかったと思います。
でももしあの揺れで自宅にいたらと思うと…結構こわいです。
もう少ししたら、スーパーに行って日用品とか食料を買ってこようと
思います。
みなさんも気をつけてくださいね。
いろいろ備えておきましょう。

そして現地の被害に遭われた方々、どうかどうか頑張ってください。
スポンサーサイト