猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2011年11月28日 (月) | 編集 |
遅くなりましたが
寺田佳代個展
「福来軒へようこそ!ぬるらーめんはじめました」

無事に終了しました。
お越しいただいた方々、ご協力してくださった方々
本当にありがとうございました。

今回はイベントが盛りだくさんで
いろいろ準備もして楽しみにしていたのですが
体調を崩してしまい、店頭に出る事ができず
各方面の方々には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。
本当に申し訳ありませんでした。

※今は体調は回復いたしました。
いやあ…もう本当に無理はしないようにします。

今回の個展は今までがらりと雰囲気は変わったかなと思います。
お客様にもそのようなご感想を頂きました。

…それはなぜかというと
個展のDMを作る3ヶ月前になっていきなり私が
「個展のタイトル、テーマを変えたいんです」
と店長さんに相談したからです。
これもずっと悩んでました。
一年前からいつもの方向で
今までのとおり「ひみつのねこのまち」の続編を考えてはいたのです。
でもどうしても手が動かなかったんです。

当時、店長さんは困ってらっしゃいましたが
保護した子猫達のことを形に残したい」と
お話ししたら…事情を察してくださいました。
本当に感謝しています。
他にもいろいろご迷惑ご心配をおかけしてしまった事もあります。
本当に申し訳ありませんでした。
そしてありがとうございます。

ですので…
自分でテーマを変えたいと申し出たわけですから
「なんとしても完成させなくては」と
かなり自分を追いつめてました。
漫画はネームを入れて130ページを約3ヶ月で描きました。
今思うとよく描けたなと思います。

想像はしてましたが、今回の漫画を描くのは
精神的にも非常にきつかったです。
ずっとずっと泣きながら描いて、ネームはグシャグシャに濡れて
ペンタブレットは涙の跡で真っ白でした。
でもやってよかったです。
満足しています。
ああ、私はやっぱり漫画が大好きなんだって思えました。

個展初日、なんとか搬入が済んだあと
店長さんが漫画を読んで下さいました。
そうしたら
「…漫画おもしろいね。
あの子達(保護した子猫トラとクロ)
が生まれてきた理由がきちんとあったね。」
と何気なくおっしゃって下さって…
私はそれを聞いて号泣しました。
「泣くとは思わなかったよ(驚)」
と店長さんはびっくりされてましたが
私はとってもうれしかったです。

しばらく涙もろかったので目の周りが黒ずんでしまいました。
ああ、美白しないとねえ。

…ごめん、湿っぽくなってしまった…(汗)
実は今後も展示に出ますので年末はてんてこまいです。
でももう無理はしません。
うまく自分をコントロールしていきたいです。


来年1月からの展示 高円寺「猫の額」さんにて
2012年1月3日~2月1日
企画展「遊!友!猫展」(ゆうゆうねこてん)
~猫が遊ぶ・猫と遊ぶ・猫で遊ぶ~

teraaso.jpg

2012年早々の企画展です。
参加作家さんは
おおやぎえいこ、濱猫・坂本愛理、須藤真澄、
寺田佳代、Ayumi、己夢、SHOJI・K の7名です。

テーマは「猫と遊び」です。
「友」と言っても「親友」、「悪友」いろいろありまして
「朋」、「伴」、「侶」など「共」と同源でもイメージが
かわりますね。 
いつまでも一緒に遊びたいです。

↑も予定しておりますので、ぜひ遊びにいらしてください。
ちなみにDM原画&デザインは私です。
スポンサーサイト