猫作家のつれづれ日記。 作品など中心に紹介。たまにお菓子、パン、燻製作り…私はいったい何屋さん(笑)?
2013年07月19日 (金) | 編集 |
昨日は誕生日でした。
日付が変わったとき、私はパンをかじっておりました。
そんな食いしん坊なてらまろです、こんにちわ。
でも最近パン食べるとうっすら胃がもたれます。

最近は誕生日は自分でケーキを作ってます。
仕事帰りの旦那とフライドチキンを買ってきてお祝い。

自分で作ったケーキ「赤しそ漬けの白桃タルト」
taruto1.jpg

taruto2_20130719133103.jpg

今が旬の白桃を自家製の赤しそジュースに漬けてさっぱり風味に。
うっすらピンクに色づいて綺麗です。
カスタードクリームにクリームチーズを加え、コクを出しました。
表面はゼリーを塗ってさわやかきらきらに。

なかなかおいしくできました。
旦那的には「店に出せる!1ピース600円だ!」
と喜んでいました。

気がついたら今年35歳になりました。
やっぱり変わった感じはしないなあー
至って頭の中はあんまり変わってない気がする。
誕生日がくるたびに憂鬱だって方もいますが、私はとくにそうは思わないです。
この世に自分が生まれて、何かしらのチャンスをもらえた日ですから。
どうやって歳を重ねていこうかなって毎回思います。
思いっきりあぶらっぽいものが無理になったりとか感じると少々凹みますがw
フライドチキンが美味しく食べられるのは3ピースまでです。
セットのコールスローが美味しく感じたらその証拠です。

さてさて、大学卒業して本格的に作家活動始めて約10年くらいです。
バイトしながらだったりとかありましたけど
今でも作家活動ができていることに感謝してます。
お教室も定期的に開けていれて本当に幸せです。
大変ですけどやっぱり人に教えるって楽しいです。
大学時代は教師を目指していましたから。
結局は自分で作品を作る事に目覚めてしまって諦めてしまいましたけど。

作家活動をしていると一部の方に心ない事を言われたものです。
その日暮らしに思われちゃったり、仕事だけど遊んでるように思われたり。
「作家」という言葉の響きがそう思われちゃうんでしょうかねえ。
好きな事をやらせていただいてるので
そう思われちゃうのはしかたないんだけどさー(苦笑)
文句あるなら見なきゃいいのにね。見る見ないは個人の自由なんですから。

そういう人は基本相手にしてませんが、たぶん羨ましいのかなあと思ってスルーしてます。
「いいだろー♪」みたいな(笑)
だけどほとんどが心から応援してくれてる方ばかりですから。
否定的なのはほんの一部ですし、
旦那も親戚も友人も支えてくれたり、応援してくれてます。
これもまたありがたいことです。
本当にありがとうございます。

まあ今後どうなっていくかわかりませんが
一緒に寄り添ってくれてる旦那のためにも、もちろん自分のためにも
幸せに日常を過ごせていけるように頑張って行きたいと思います。
やりたいこといっぱいありますけど、まずは目の前の事きっちりやっていきたいです。
がんばるんだぜー♪

今後の夢ですけど、絶対猫を飼うこと(本気)
旦那と二人で思いっきりかわいがってあげるの。
私、将来は猫おばさんになりたいわ。


スポンサーサイト