猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2013年10月07日 (月) | 編集 |
涼しくなったなあと思って、ほへーと過ごしつつ、
「ああーだるいー」と思ってたらちょっと夏バテ気味でした。
胃腸が弱ってたらしく、ちょっとぐったりだったてらまろです、こんにちわ。
今は大丈夫です。夏の終わりに一気にくるだるさは毎年のことです。
現在個展前でいろいろやらなくちゃいかんことがあり、ばたばたしてるもので。

10月6日は羊毛フェルト教室でした。
急遽決まった教室ですが集まってくださった方々、本当にありがとうございます。

それでは恒例の生徒さん作品のご紹介です。
Iさんの作品
201310a.jpg
ゴールがいきなり見えてまいりました!
このキャラクターは「こまねこ」というキャラクターです。
komaneko.jpg
口元の微笑みが特徴的なので、その部分にもこだわりつつ丁寧に製作なさってました。
あとは各部分の仕上げのみの状態で、できあがりがとても楽しみです。
表情がとても豊かでかわいらしい作品です。製作なさっている生徒さん自身も
とても楽しく製作している様子が印象的でした。

sさんの作品
201310b.jpg

201310c.jpg
だるにゃんストラップを製作。
猫が大好きということでだるにゃんストラップを何回か製作なさっています。
模様の付け方にこだわり、丁寧に製作されています。
愛嬌のある猫の表情にとても癒されます。

Mさんの作品
201310d.jpg
201310e.jpg
だるにゃんストラップをご指定いただき、
キジトラさんの微妙な色合いにこだわり、とてもかわいらしい作品に仕上がりました。
ホッペのほんのりピンク色加減も素敵です。しっぽがくるんと巻き付いてるのもかわいいです。
何よりも愛情を感じます。
なんだか話しかけてきてくれそうな素敵な表情に脱帽です。
Mさんは羊毛初体験でしたが、すごい集中力で製作なさってました。

あとはご見学の方々も最近いらっしゃってくださるようになり
うれしい限りです。
もしご興味ありましたらぜひお問い合わせください。


…教室を始めた時からいろいろ感じた事はあるのですが
私は教える立場ではあるけども、いつも生徒さんから教えていただいてるのだと
いつも思います。
楽しく作る、集中して作る、愛をこめてつくる。
これはもの作りを生業としている私自身、忘れてはいけないことだと
心に留めていることです
お店に委託し、量を作らなければならない場合
とくに手作業で作っている私は忙しくなればなるほど流れ作業になってしまいます。
手際よく作る、時間配分をするという意味ではしかたないことですが
そればかりだと「ただ作ってる」だけになってしまいます。

だけどこうしていろいろな生徒さんや作品を見てきて純粋に感じる事は
ずっと忘れてはいけないなと思います。
私は技術やコツを講座でできるだけ伝えられるように心がけてますが
「ものを作ること、自分を表現することは楽しい事だ」ということも
感じていただけたらうれしいです。
羊毛フェルトを初めて体験して
「すっごいたのしいー!」と言っていただけたると
私もすっごくうれしいです。やっててよかったなと心から思います。

なのでみなさん、本当にありがとうございます。

11月は猫の額さんでの個展を控えてますので、11月のお教室はお休みとさせていただきます。
もうしわけありません。
次回は12月中旬あたりを予定しております。
また後日、個展のお知らせとともにアップいたします。

では個展がんばります!


お問い合わせ、ご予約はこちら


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村








スポンサーサイト