猫作家のつれづれ日記。 作品など中心に紹介。たまにお菓子、パン、燻製作り…私はいったい何屋さん(笑)?
2015年06月12日 (金) | 編集 |
今日6/12と6/13は2011年にお世話をしていた
子猫たちトラとクロの命日です。

P1030420.jpg
トラ♂ 生後10日ほど 160グラム
P1030416.jpg
クロ♂ 生後10日ほど 200グラム

(二匹とも公園に停車中の車タイヤ付近で行き倒れてた。
母猫が見捨ててしまったようで大学生が保護し、
大学広報→友人→私経由で一時保護。
四日間ほどがんばってくれたけど
先天性の心疾患(推測)とひどい猫風邪でトラが先に、その次の日クロも息を引き取った。)

「もう四年前になるのかあ」と思いつつ
近所のお花屋さんにアルストロメリアを買いにいきましたら
春のお花なのでもう出回ってないとの事。

arusutoromeria08062002_20140616223536d66.jpg

去年までは普通に売ってたのですが
流通の関係や天候不順があって難しいのでしょう。
結局ガーベラを一輪買って帰ってきました。
濡れ餌も購入してお供え。

11407229_846545095415174_6429224113851903477_n.jpg

四年前と比べて毎日泣き暮らすということはなくなりまして
ずいぶん回復してきたとは思ってます。
毎日泣いてたのが一日おき、三日おき、一週間おき、半月おき。。。みたいに
少しずつ慣れていきました。

でも当時トラとクロの事を描いた漫画は読むと目から水分がとめどもなく
流れてしまうのであまり読んでません。
たぶん再録や再出版もしないでしょう。
ブログを書いてる今でも眼から鼻から水分が駄々漏れですが。

興味ある方はどうぞ。こちらから全ページ読めます↓
※再投稿※福来軒へようこそ〜ぬるらーめんはじめました〜 | テラ [pixiv]


今でもこんなんですが、当時きちんと泣けてよかったと思ってます。
我慢しないで感情を出せてよかったと。
それを受け止めてくれた家族や仲間にとても感謝しています。
反対に離れていってしまった人もいるけども、
支えてくれた人はそれ以上にいましたから
なんだかんだ言って私は結構幸せ者です。

最近も子猫たちの話を友人としていて
「苦しさや辛さをすっかり忘れて、またこの世に(イエーイ♪来ちゃった♪)って
能天気にやってきてくれたら嬉しいし、ウェルカムだよ」と友人。
それもそうだよなあーって思いました。

そういえば昨夜は子猫がいっぱい出てくる夢をみました。
すごくかわいくて、母猫が一生懸命世話してました。
残念ながらトラとクロはいませんでしたが。

工場には相変わらずみっけさんが絶好調でやってきます。
そんな彼女ももう7歳です(推定)
いつものように撫でながらトラとクロの柄を見つけては
三匹分まとめてかわいがっています。

11229283_838790246190659_6260949769121536919_n.jpg

今のところ
旦那も私もみっけさんも元気でいられています。
だから幸せです。

トラ、クロありがとうね。
スポンサーサイト