猫作家のつれづれ日記。 作品など中心に紹介。たまにお菓子、パン、燻製作り…私はいったい何屋さん(笑)?
2017年08月07日 (月) | 編集 |
久しぶりに製作いたしました。
羊毛で作ったブローチです。
手がちょこんとついていてポケットにつけると入っているように見えます。

20525283_1397886806947664_3559462230793234686_n.jpg
↓モデルのいくらちゃん。二年前にお星様になった猫さんです。
この写真をもとに製作しました。
19904804_1580099535357946_142116804_n.jpg
瞳が青と黄色が入った微妙なグラデーションでしたので
そちらも再現しました。
傾けたり、光に当てるときらきら光ります。
20597452_1397886946947650_2391434131648669295_n.jpg

20525669_1397886913614320_8534185697629657223_n.jpg

20597294_1397886883614323_202476355144207198_n.jpg

20525979_1397886993614312_6342084492554600379_n.jpg

20526221_1397887090280969_5397413505063028554_n.jpg

20526008_1607450212622878_2250119437666389744_n.jpg
お客様の胸にちょこんといくらちゃん。
大事な存在はいつも胸に。

久しぶりの製作ですがなんとかできました。
やはりモデルさんがいると顔つきやフォルムの出来が違います。
よく観察して作るからということもあるのですが
お客様に思い入れがあるぶん、表情や雰囲気というものが出やすくなります。
作っていて出来上がった瞬間
「こっちに帰ってきた!おかえり!」と思うのです。

スポンサーサイト