猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2017年05月22日 (月) | 編集 |
実家の母にはたまに電話をしています。
「娘の写真をまとめて送ったので見てね~元気してる?」とか
そんな感じです。

ある日電話で話してましたら母に
「あなた、最近銀座にいったことある?」と唐突に聞かれました。
忙しくて銀座には行ってないしどうして?と聞くと
「あなたにそっくりな人がテレビに出てたのよー!」と。
ちらっと映った一般の方のようですがそっくりだったと。
そしてめがねかけていてぽっちゃりした人だと…orz
うーん…めがねでぽっちゃりさんは結構いると思うのですが。

o0640048412293808927.jpg

昔から知らないトコで私のそっくりさんが目撃されることが多いです。
大学に居なかった日なのに居たとかよくある話で。
極めつけは大学卒業後、見知らぬ女子高生に
「マックでバイトしてたときにお世話になりました」と
いきなり駅構内で声をかけられ面食らったことがあります。

私「マクドナルドで働いたことないですよ」
女の子「えー冗談言わないでくださいよー」
私「いやいや本当に。人違いですよ」
女の子「えーそんなー社員さんで働いていたじゃないですか」
この時点でもう立ち話で5分ほど経ってましたが
女子高生は煮え切らない様子。

ここまで会話を交わしても違和感ないって事は
背丈や声や口調もそっくりなのか…
でもしばらくしてハッとした顔をして
「すいません!」と頭を下げて去っていってしまいました。

マクドナルドで社員さんなのかあ…私とは間逆な職業だなあ。
きっと明るく接客できてテキパキしててバイトさんからの信頼も厚い方だったんでしょう。
なんともうらやましいです。
女子高生にとってその社員さんが良い人だったようでよかったです。

日本のどこかのマクドナルドに私とそっくりな社員さんが居ると思うと
ちょっと胸が熱くなります。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック