猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2017年06月13日 (火) | 編集 |

先日買ったヨーグルトメーカーで
甘麹を作ってみることにしました。

甘麹…白米の固めの粥に米こうじをまぜ、糖化発酵させたもの。
甘酒とするほか、料理の甘みづけなどに用いる。
これをお湯で薄めると甘酒になる。


amazake1.jpg
↑付属のレシピブック。ヨーグルトのほかに
甘酒や塩麹のレシピが載っています。

amazake2.jpg
↑スーパーで買った麹。袋のまま手で揉みほぐして
ばらばらにします。

amazake3.jpg
↑裏にはいろんなレシピが書いてあります。
ここの甘麹レシピを参考にしました。

amazake4.jpg
↑付属の専用容器とスプーンを熱湯かけて消毒。
鍋に入れてたっぷりのお湯をかけました。
※お湯をたっぷり沸かしておくことをお勧めします。
 何かと使います。


amazake5.jpg
↑普通に炊いたご飯を300g入れて

amazake6.jpg
↑250ccの熱湯を入れてスプーンでほぐし、冷水150ccを入れます。
※冷水を入れることで冷まします。
容器に触れるくらいまで冷ますのが目安。
冷まさないとこの後入れる麹の菌が死んじゃいます。


amazake7.jpg
↑ほぐした麹を入れるわけですが…微妙に入りきらず
少し取り出しました。
計算上は容器に入りきるはずなのですが混ぜにくかったので。
甘麹なので若干水分少なめにしておきました。
※出した分はあとでおいしくいただきました。

amazake8.jpg
↑全部混ぜ終わったあと。
今回は実質麹200gと炊いたお米200gの割合です。

amazake9.jpg
↑温度は60度で時間は10時間にセットして蓋をします。
専用容器をセットするとこんな感じです。

amazake10.jpg
↑できあがり!とろっとして甘い香りがします。
食べてみたらびっくりするほど甘いです。
もち米だったらもっと甘くなるかも。
娘に一口食べさせてみたら気に入ったようで夢中で食べてました。

19060134_1349761745093504_788887737597527044_n.jpg
↑それでその甘麹で作ったチーズケーキ。
甘麹200g(甘麹の水分量が多いときは調節)、
クリームチーズ200g、卵二つ、強力粉(薄力粉でもいい)大2、砂糖大1
上記をミキサーでしっかり混ぜて型に入れて180度に温めたオーブンで50分焼く。

19113816_1349761708426841_793961691300318331_n.jpg
砂糖は一応大匙1ほど入れましたが
入れなくても充分甘かったかもしれません。
※一般的なチーズケーキに使う砂糖は100gほど。
それくらい甘麹の甘さの威力がすごかったです。
まろやかな甘さがクリームチーズと合います。

このあたりは好みが分かれるかもしれませんが
焼きめの付いたところが少し醤油か味噌っぽい味がします。
みたらしだんごのタレに近い感じです。
麹の風味が効いているからでしょうか。

米麹自体のカロリーも気になるかと思いますが
ビタミンなど栄養素が高いのでどちらを取るかですね…
砂糖そのものが気になる方には甘麹おすすめです。

残った甘麹は製氷器に入れて冷凍保存でOK。
お湯に入れれば甘酒に早がわりです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック