猫作家のつれづれ日記。 作品など中心に紹介。たまにお菓子、パン、燻製作り…私はいったい何屋さん(笑)?
2017年07月13日 (木) | 編集 |
あれから甘麹にはまって
みやここうじの500g(乾燥)を買ってしまいました。
これで塩麹や甘酒作りたい放題です。
E365786H_L.jpg
そして今回は炊いた発芽玄米で作ってみようかと。

まずはみやここうじ200g。
乾燥しているので最初からほぐれています。
とても扱いやすいです。
amazake16.jpg

炊いた発芽玄米250gにお湯400m入れてよく混ぜて
発芽玄米柔らかくなるまで煮ます。
お粥の柔らかさです。ちょっととろみが出てきます。
amazake17.jpg

冷水100mlを入れてお粥の温度を下げる。
60度まで冷ましたら麹を入れてよく混ぜ、熱湯消毒した専用容器に入れる。
私としては別鍋でよく混ぜてから専用容器に入れたほうが扱いやすかったです。
とにかく良く混ざるし。
amazake18.jpg

ヨーグルトメーカーにセット。
今回は時間は10時間、温度は60度です。
amazake19.jpg

amazake20.jpg

できあがり。
とろっとしています。玄米なのでちょっぴり匂いが違います。
白米よりほんの少し甘みがマイルドかな…?
玄米の風味が出ていて美味しいです。
玄米お好きな方なら好みの味だと思います。
amazake21.jpg

amazake22.jpg

娘さんにも食べさせてみましたがちょっぴり微妙のようでした。
白米だけよりも玄米特有のえぐみがあるのかも。
白米の甘酒のときはパクパクたべていたのですが。
あとは粒が固かったのかもしれません。

この甘酒はミキサーにかけておきました。
半分は白桃の缶詰とあわせて甘麹シャーベットに。
amazake23.jpg

~甘麹と白桃シャーベット~
1.出来上がった甘麹と白桃の缶詰を1対1(桃のシロップ適量)
レモン汁小さじ1とオリゴ糖(ビートオリゴパウダー)大さじ1。
上記すべてをミキサーにかけて滑らかに。

2.タッパーに入れて冷凍庫へ。

甘麹は冷凍してもカチコチにはなりません。
糖分が多くて水分が少ないからだと思います。
なので普通の製氷皿だとうまく取り出せないんです。
※ふつうの甘酒は水分が多いので固まると思います。

今回は普通のタッパーにしました。
amazake25.jpg

固まりかけたところで切れ目を入れておくと取り出しやすいと思います。
amazake24.jpg

途中かき混ぜるとふんわりしたシャーベットになります。
お好みでヨーグルトや生クリームを混ぜるとクリーミーに。

味は甘さ控えめのさっぱりとしたシャーベット。
白桃と甘酒の組み合わせは意外と合いました。
市販ドリンクでもこの組み合わせは多いです。

とにかく一時期麹が売り切れてまして
なかなか手に入りませんでした。
夏場は乾燥麹以外はあまり出回らないようです。

伊勢惣←こちらが「みやここうじ」のサイト。

とりあえず夏場はいつもぐったりして胃腸を悪くしてしまうので
これで腸をいたわりたいと思います。

ちなみに麹は逆流性食道炎にも良いそうです。
胃もたれや胸焼けも軽減してきました。
塩麹できゅうりの浅漬けとかも良いです。

妊娠中の時は胸やけがつらかったのでよく食べてました。
面倒なら麹を三粒ほど食後に食べるだけでも
胃が落ち着く感じがします。おすすめです。

甘酒アイスは滋養用ということで作っていこうと思います。
そしてこの猛暑をなんとか乗りきりたいです。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック