猫作家のつれづれ日記。 ただいま二歳の娘の育児に奮闘中。とにかく腰が痛い。
2017年09月01日 (金) | 編集 |
母方の祖母が亡くなりました、89歳でした。

8月の初めに体調を崩してから一ヶ月ほど入院していて
転院する直前の事でした。
以前から体調が悪いこと、もしかしたらもう危ないかもしれないと
聞いていましたので覚悟はしていました。

8/24の朝に新幹線に乗り、お通夜。
8/25には告別式でしたのでかなりバタバタしていました。
告別式終わってちょっとだけ一息ついて、そのまま戻ってきました。

…少し祖母の話をさせてください。※長文です※
祖母は昭和三年生まれ。
戦時中は学生だったので軍事工場が多かった浜松では
工場で仕事をしていたと聞いています。
自転車を毎日こいで工場に通い、もんぺをはいて働いてたので
お洒落をする間もなかったとよく言っていました。

藁の混ざった固いパンの話や
戦闘機が地面近くまできて操縦席に乗った兵士の青い眼と
目が合って怖かったという話など
戦時中の話はよく聞いていました。
いろいろな苦労はしてきたと思います。

21150329_1415889411814070_4694805735562405540_n.jpg

21106414_1415889448480733_3728235850788685764_n.jpg
↑祖母の庭にある夏みかんの木。終戦後、ひい祖母が買ってきた夏みかんをみんなで食べて
その種を庭に捨てたらそのまま根づいた。今もたくさん実をつけている。

戦時中お洒落ができなかったぶん
結婚して娘(私の母)が生まれ、洋服関係の学校に進んだときは
上等な布を買ってあげては服作りに協力していたんだそうです。

孫である兄や私が生まれてからはとてもかわいがってくれて、
母が仕事に出始めた時はひい祖母と一緒に面倒を見てくれました。

頑固だけど優しい人でした。

あとは健康法に凝るほうでしたのでヨーグルトを作ったり
ケールを庭で育ててそれで作った
ケールとバナナを合わせた謎の青汁ジュースなど
いろんなものを食べさせてくれた覚えがあります。
(謎の青汁は結構美味しかったです)
そのせいか私も健康法試したりとか保存食作りは大好きです。
祖母の近所にアイスの移動販売が来ると「孫がいるので買ってやりたい」と
毎週買ってくれていたり。
14540611_179242985860862_3319642281060859904_n.jpg
↑知る人ぞ知る「トゥインクルジャック」アイスの移動販売車

帰省すると「ヤクルト飲むけ?」「アリナミンのみな!」と渡してくれて
帰るときには仏壇に供えていたお菓子や果物をこれでもかと持たせてくれて
私の姿が見えなくなるまで見送ってくれていました。

数年前だったか、祖母の家で話し込んだら日が暮れてしまった時があり
「心配だからそこの角まで送る」と言い、結局私の家の前まで送り届けてくれて
にこにこしながら帰っていったこともあります。

私の娘とは去年の夏に会わせることができていました。
当時元気だったものの少しだけぼけていましたが
私と娘のことはわかっていたのでかなり喜んでくれていました。

…お顔も見て、お骨も拾いましたが
まだ居る様な気がします。
ちゃんとお別れができてよかったです。

お花がいっぱいで綺麗で良い式だったと思います。
遺影は私の結婚式の時に撮った写真を使ったそうです。

告別式直前に故人への手紙が書けるコーナーで
こっそり手紙を書いていました。
祖母は私の絵が好きだったので祖母の似顔絵と一言だけを添えて。
そうしたら涙がぽろぽろと出てきてずっと止まりませんでした。
後で何を書いたのかと聞かれましたが詳細は言わないままです。
姪も手紙を書いて入れていて「秘密」とだけ言っていました。
その気持ちがよくわかります。

…いくつになっても、いつも居てくれる人が居なくなるのは
とっても寂しいし悲しいですね。
どうか安らかに。ばあば、ありがとね。

蝉の抜け殻。祖母の庭のアロエにくっついてた。
21032437_1415889328480745_7531739540552320041_n.jpg

蝉の抜け殻いっぱい。その多さにちょっとびっくり。
21077252_1415889375147407_255818679331679048_n.jpg


[READ MORE...]
2017年08月07日 (月) | 編集 |
久しぶりに製作いたしました。
羊毛で作ったブローチです。
手がちょこんとついていてポケットにつけると入っているように見えます。

20525283_1397886806947664_3559462230793234686_n.jpg
↓モデルのいくらちゃん。二年前にお星様になった猫さんです。
この写真をもとに製作しました。
19904804_1580099535357946_142116804_n.jpg
瞳が青と黄色が入った微妙なグラデーションでしたので
そちらも再現しました。
傾けたり、光に当てるときらきら光ります。
20597452_1397886946947650_2391434131648669295_n.jpg

20525669_1397886913614320_8534185697629657223_n.jpg

20597294_1397886883614323_202476355144207198_n.jpg

20525979_1397886993614312_6342084492554600379_n.jpg

20526221_1397887090280969_5397413505063028554_n.jpg

20526008_1607450212622878_2250119437666389744_n.jpg
お客様の胸にちょこんといくらちゃん。
大事な存在はいつも胸に。

久しぶりの製作ですがなんとかできました。
やはりモデルさんがいると顔つきやフォルムの出来が違います。
よく観察して作るからということもあるのですが
お客様に思い入れがあるぶん、表情や雰囲気というものが出やすくなります。
作っていて出来上がった瞬間
「こっちに帰ってきた!おかえり!」と思うのです。

2017年08月04日 (金) | 編集 |
梅雨あたりから微妙な体調ですが
なんとか元気になってきました。
暑いのは苦手です。
なんとかならないものでしょうか。

さてさて
「すくパラぷらす」に私の漫画が掲載中です
(※「すくパラぷらす」では猫田カヨで投稿しています)
今回のマンガは私の妊娠から出産までのお話の続きです。
今のところ1ページずつの投稿となっていますが今後も投稿予定です。

59785353_p0_master1200.jpg

↑今回のお話のサンプル クリックすると大きくなります。


猫田カヨのページ

※掲載されるとリンクが繋がります※
7月28日
8月2日
8月7日
8月12日
8月17日
8月22日
8月27日
9月1日
9月6日
掲載予定です。

※ピクシブへのリンクもあります。
テラ(猫田カヨ)のピクシブページ ←クリック
今までの過去作や続きも読めますのでぜひご覧になってみてください。
それではよろしくお願いいたします。






2017年07月13日 (木) | 編集 |
あれから甘麹にはまって
みやここうじの500g(乾燥)を買ってしまいました。
これで塩麹や甘酒作りたい放題です。
E365786H_L.jpg
そして今回は炊いた発芽玄米で作ってみようかと。

まずはみやここうじ200g。
乾燥しているので最初からほぐれています。
とても扱いやすいです。
amazake16.jpg

炊いた発芽玄米250gにお湯400m入れてよく混ぜて
発芽玄米柔らかくなるまで煮ます。
お粥の柔らかさです。ちょっととろみが出てきます。
amazake17.jpg

冷水100mlを入れてお粥の温度を下げる。
60度まで冷ましたら麹を入れてよく混ぜ、熱湯消毒した専用容器に入れる。
私としては別鍋でよく混ぜてから専用容器に入れたほうが扱いやすかったです。
とにかく良く混ざるし。
amazake18.jpg

ヨーグルトメーカーにセット。
今回は時間は10時間、温度は60度です。
amazake19.jpg

amazake20.jpg

できあがり。
とろっとしています。玄米なのでちょっぴり匂いが違います。
白米よりほんの少し甘みがマイルドかな…?
玄米の風味が出ていて美味しいです。
玄米お好きな方なら好みの味だと思います。
amazake21.jpg

amazake22.jpg

娘さんにも食べさせてみましたがちょっぴり微妙のようでした。
白米だけよりも玄米特有のえぐみがあるのかも。
白米の甘酒のときはパクパクたべていたのですが。
あとは粒が固かったのかもしれません。

この甘酒はミキサーにかけておきました。
半分は白桃の缶詰とあわせて甘麹シャーベットに。
amazake23.jpg

~甘麹と白桃シャーベット~
1.出来上がった甘麹と白桃の缶詰を1対1(桃のシロップ適量)
レモン汁小さじ1とオリゴ糖(ビートオリゴパウダー)大さじ1。
上記すべてをミキサーにかけて滑らかに。

2.タッパーに入れて冷凍庫へ。

甘麹は冷凍してもカチコチにはなりません。
糖分が多くて水分が少ないからだと思います。
なので普通の製氷皿だとうまく取り出せないんです。
※ふつうの甘酒は水分が多いので固まると思います。

今回は普通のタッパーにしました。
amazake25.jpg

固まりかけたところで切れ目を入れておくと取り出しやすいと思います。
amazake24.jpg

途中かき混ぜるとふんわりしたシャーベットになります。
お好みでヨーグルトや生クリームを混ぜるとクリーミーに。

味は甘さ控えめのさっぱりとしたシャーベット。
白桃と甘酒の組み合わせは意外と合いました。
市販ドリンクでもこの組み合わせは多いです。

とにかく一時期麹が売り切れてまして
なかなか手に入りませんでした。
夏場は乾燥麹以外はあまり出回らないようです。

伊勢惣←こちらが「みやここうじ」のサイト。

とりあえず夏場はいつもぐったりして胃腸を悪くしてしまうので
これで腸をいたわりたいと思います。

ちなみに麹は逆流性食道炎にも良いそうです。
胃もたれや胸焼けも軽減してきました。
塩麹できゅうりの浅漬けとかも良いです。

妊娠中の時は胸やけがつらかったのでよく食べてました。
面倒なら麹を三粒ほど食後に食べるだけでも
胃が落ち着く感じがします。おすすめです。

甘酒アイスは滋養用ということで作っていこうと思います。
そしてこの猛暑をなんとか乗りきりたいです。


2017年07月10日 (月) | 編集 |
6月から肩の調子が悪かったのですが
なんとか治りほっとしていました…が
7月に入って妙にぐったりしてしまいました。
そして7/5に猛烈な腹痛に襲われて
七転八倒しておりました。

今は落ち着いています。

もともと生理痛がひどいのと疲れがたまっていたからだと
思っていましたが、陣痛に匹敵するあの腹痛には参りました。

「ぎゃああああああ!いたいー!!!」
って絶叫するくらい痛い。
二年前に娘を産んだ時のことを思い出しつつ
床に横たわっていました。
幸い旦那が仕事前だったので娘の世話と看病をしてくれて
落ち着きました。
娘も心配そうに倒れこんだ私の顔を覗き込んでは
ポンポンと背中を触って行ったりきたり。

…あの激痛はなんだったのかなと調べてみましたら
腸痙攣という症状を見つけました。
体験談を見ると私とほとんど同じ。

便秘→なかなか出ないか少し出る→
腸がひっぱられるような激痛で吐く→
でもお通じが無い→腸がねじれるような猛烈な痛みで冷や汗脂汗どばー!
→動けない、横たわるとかしてないと無理→眩暈や貧血っぽくなる
→しばらくすると激しく腸が動いて下痢になって全部出るとやっとおさまる

これが2、3時間ほど続いてかなり辛いのです。
出口付近で渋滞を起こしているのに後からくるあたりが激しく動いている感じ。

私の場合は三年前にも同じような腹痛になりました。
この時も生理中で暑くなりはじめる6月~7月頃でした。

なのでロキソニンとブスコパン(胃腸の痙攣痛をとる薬)を常備しています。
買っておいてよかったよ、ブスコパン。

別件で産婦人科に通っているので上記のことを話しましたが
先生も首をかしげるばかりで謎のまま。
近いうち内科にも行った方がいいのかもしれません。
ここ三日ほどぐったりで食欲がなくていきなり二キロ痩せてました。
いきなり暑くなったから夏バテなのか…

もう20年以上前に過敏性腸症候群と言われたことがあるので
その可能性もあるのかも。
どっちにしても疲れているようなので
休める時にちょいちょい休むしかありません。